記事一覧


カタルーニャ、ゼネスト。なぜ?

 2017/10/04 14:27

昨日、カタルーニャでは、ゼネストを行ないました
朝早い時間から夜遅い時間まで、カタルーニャ全州では、何も動きませんでした。

日曜日(10月1日)、カタルーニャ独立の為の住民投票が行われました

どこの国で中央政府の命令で警察が投票箱を盗みますか??
それに、大勢のカタルーニャ人が、スペイン警察に攻撃され、900人位ケガしました!。。。

その為、昨日、バルセロナには、日曜日の暴力に反対している人(70万人!)が集まりました。国民(若者から年配の方まで)は、広場に座ったり、歌を歌ったり、カードで遊んだり、街を歩いたりしました。


バルセロナ ゼネラル ストライキ
バルセロナ ゼネスト 2017年10月3日
出典:Crida per la Democracia

バルセロナの観光地も、珍しくて、ストライキでした!サグラダファミリアカタルーニャ美術館、現代美術館、タピアス美術館、ビック市の司教区美術館などは、休み。

映画館が休み。

コンサートやお芝居がキャンセルされた。

有名なレストランも、例えば、バルセロナ旧市街にある「4匹の猫」も、休み。

家族で経営している小さなお店も休みが非常に多かった。

カタルーニャの国道、高速道路は、58ヶ所が封鎖されて、車やトラックは、動けなかった。

カタルーニャの全ての大学には、先生や学生がいなかった。

カタルーニャ語のテレビ局やラジオは、ストライキで特別な番組が放送された。

病院も、ストライキ!一般の診察がなかった(緊急のみ大丈夫だった)。


バルセロナの地下鉄、市バスやカタルーニャ電鉄は、朝と夜のラッシュアワーのみに動きました(電車の本数が非常に少なかった)。その時間帯以外、電車が全くありませんでした

バルセロナ、タラゴナジローナ、レイダ、レウス、ビック、マタロ、グラノヤース等などでは、デモがたくさん行われました。バルセロナだけで、70万人が集まり、カタルーニャ広場、大学広場、グラシア大通り、パウ・クラリス通り、パセッジ・ダ・サン・ジョアン大通り、グラン・ビア大通り、ライエタナ大通り等が人でいっぱい!デモは、どこからどこまであるか、分からないほど、人が本当に多かったです。

「デモ」と言っても、暴力が全くありません。「デモ」よりも「アウトドーア・パーティー」を言った方が良い(笑)。

夜、スペイン国王「フェリペ6世」がテレビで講演して、10月1日(カタルーニャ住民投票日)にケガした891人のことについて何も言いませんでした(涙)。。。スペイン中央政府の暴力的な弾圧を応援しただけです。。。 とても悲しくなりました。




  



コメントの投稿




Code
お手数ですが、下のボックスに表示されているコードを入力して下さい。

コード:半角英文字、大文字のみ!

この操作により、自動プログラムではなく、人間がメッセージを書くことを確認することが出来ます。





 記事一覧



ページトップへ