バルセロナ・ブログ ブログ一覧


バルセロナ ツーリストバス:会社比較、ルート、バス停、運行間隔


 2020/03/01 18:39
 2020/09/12 20:27


バルセロナ地下鉄がとても分かりやすくて便利ですが、観光する時、ツーリストバスも楽しいです!

観光シーズンには、バスの本数が本当に多いです(しかし、観光客も多いので、最初に来るバスに乗らずに、次のバスを待つかもしれません。次のオープントップ・バスが数分で来ます!)。

観光バスが高くて、2階から街がよく見えます。また、お天気が良いバルセロナでは、そよ風がいい気持ちです!

チケットを買ってから、最初に乗るバス停は、どこからでも可能です。朝から夜まで、乗り放題になっています。

カタルーニャ広場 には、乗客がとても多いですが、とても分かりやすいバス停です。多くの言葉が話せるスタッフがいるので、チケット、ルートなどについて質問できます。


2階建ての観光バス バルセロナ
2階建ての観光バス


バルセロナ観光バスを運行する会社が、2つあります:Barcelona Bus Turistic 社と Barcelona City Tour 社。

多くのホテル・フロントで、事前予約なしでチケットを買うことが出来ます。

 観光バスのルートは、一方向です。戻ることが出来ません。

 グエル公園のバス停:Travessera de Dalt にあるので、グエル公園の門まで約8分上り坂を歩きます。


目次:

  1. Barcelona Bus Turistic
  2. Barcelona City Tour
  3. 比較
  4. どちら?



バルセロナ・ツーリストバス


バルセロナ市が運行する会社(TMB)で、オフィシャルな観光バス会社です。チケット1枚でバルセロナの全ての観光地に行けます。3つのルートが有り、2階建てのバスには、無料 Wi-Fi、日本語のオーでイオガイドも有り!


青ルート:所要時間:約2時間。カタルーニャ広場、グラシア大通り(カサ・バトリョ、カサ・ミラ)、サグラダファミリア、サンパウ病院、グエル公園、ティビダボ通り、ペドラルベス修道院、グエル別邸、カンプノウ・スタジアム、アイシャンプラ地区、カタルーニャ広場。


赤ルート:所要時間:約2時間。カタルーニャ広場、グラシア大通り、カサ・バトリョ、カサ・ミラ、サンツ駅、スパイン広場、ドイツ・パビリオン、スペイン村、カタルーニャ美術館、オリンピック・スタジアム、ミロ美術館、モンジュイック城、コロンブスの塔、ポートベイ古い港、オリンピック・ハーバー、シウタデヤ公園、ゴシック地区、カタルーニャ広場。


緑ルート:所要時間:約40分。夏のみに運行します。オリンピック・ハーバー、ビーチ、フォーラム地区、ポブラノウ地区、オリンピック・ハーバー。


オンライン予約:10% OFF

割引クーポン、日本語オーディオガイド、無料 Wifi:有り

4歳までの子供:無料


Barcelona Bus Turistic マップ
ルート・マップ

公式HP:www.barcelonabusturistic.cat/





バルセロナ・シティー・ツアー


プライベートな GrayLine 社です。2つのルートでバルセロナの観光地を回ります。オープンデッキになっている観光バスには、無料 Wi-Fi、日本語のオーでイオガイドも有り!


西のルート(所要時間:約2時間)。カタルーニャ広場、凱旋門、シウタデヤ公園、ワールドトレードセンター、モンジュイックの丘、ミロ美術館、オリンピック・スタジアム、カタルーニャ美術館、スペイン村、スペイン広場、サンツ駅、カンプノウ・スタジアム、ディアゴナル大通り、カサ・ミラ、カサ・バトリョ、カタルーニャ広場。


東のルート(所要時間:約2時間)。カタルーニャ広場、大聖堂、ポートベイ古い港、バルセロネタ地区、オリンピック・ハーバー、ビーチ、フォーラム地区、グロリアス広場、サグラダファミリア、サンパウ病院、グエル公園、ティビダボ通り、カサ・ミラ、カサ・バトリョ、カタルーニャ広場。


オンライン予約:可能

4歳までの子供:無料


Barcelona City Tour マップ
ルート・マップ

公式HP:https://barcelona.city-tour.com/




比較


有名な会社が2つあるので、どちらを選びますか?上記の会社2つを比べます:


ツーリスト・バス シティー・ツアー
運行時間(夏) 9時~20時 9時~20時
運行時間(冬) 9時~19時 9時~19時
ルート数 3ルート 2ルート
バス停 44ヶ所 35ヶ所
運行間隔 5〜25分 7〜25分
1日券 有り 有り
2日券 有り 有り
無料 Wifi 有り 有り
割引クーポン 有り 有り






どちら?






 













ご利用は、読者御自身の判断でお願いいたします。
「カタルーニャ観光」は、一切の責任を負いません。



 ブログ一覧


コメントを残す: