記事一覧


バルセロナ、11月1日

 2018/10/31 15:26

日本では、墓地を訪れる日が8月15日ですが、カタルーニャを含めて、南ヨーロッパでは、11月1日に墓地に行き、祖先のお墓にお花を置きます。日本と同じように、置くお花が菊です!

11月1日が「トッツ・サンツ」と呼ばれています。元々、ケルト人のお祭りでしたが、西暦7世紀に宗教的なお祭りになりました。

カタルーニャ、スペイン、フランス、ポルトガル等では、祝日になるので、多くのお店が休日になります。近所のスーパーは、午前のみに営業します。


トッツ・サンツ( Tots sants カタルーニャ語では:「全ての聖人」)を祝うと、冬がもうすぐに来るという意味です(先週末、冬の時間に戻りましたので、日が短くなっています)。冬の気分。。。


カタルーニャでは、トッツ・サンツ祭りの時、パナレッツというお菓子を食べます。Panellets は、アーモンドの粉と松のみで作られているお菓子です。とても美味しいですよ!

バルセロナの有名なパン屋さん / ケーキ屋さんが、大学広場にある「 Forn Mistral 」です。そのお店で、グラムでパナレッツを買います。


Forn "Mistral "
Ronda de Sant Antoni, 96
08001 バルセロナ

(+34) 933 01 80 37

営業時間:月〜土:07時00分〜21時00分。日:定休日

 アクセス: 地下鉄 1号線2号線、Universitat 駅下車。


パナレッツ
お菓子:パナレッツ

バルセロナでは、焼き栗とサツマイモを食べる習慣もあります。街の角にある売店で買ったら、雰囲気がいいし、美味しいです!


バルセロナの有名な墓地は:ポブラノウ( Poblenou )、モンジュイックの丘( Montjuic )、ラス・コルッツ( Les Corts )などです。11月1日には、この大きな墓地に行く市バスが多くなります。ちなみに、月に数回ポブラノウ墓地は(アール・ヌーヴォーのお墓が多いので)専属ガイドと一緒に見学できます。


ハロウィーンは?多くのお店やスーパーでは、黒いとオレンジ色のデコレーションが見えますが、ハロウィーンは、アメリカの文化です。。。人によって違いますが、プライドが高いカタルーニャ人は、地元の文化が好きです。ある子供は、ハロウィーンを祝って、パナレッツを食べます!

確かに、カタルーニャの有名な「ポート・アベンテュラ・ワールド遊園地」が、ハロウィーン・ムードになっています。商売する為でしょうね!。。。



コメントの投稿




Code
お手数ですが、下のボックスに表示されているコードを入力して下さい。

コード:半角英文字、大文字のみ!

この操作により、自動プログラムではなく、人間がメッセージを書くことを確認することが出来ます。





 記事一覧



ページトップへ