サンパウ病院

HOME > サイトマップ > バルセロナ観光 > サンパウ病院 徹底解説

サイトマップ > バルセロナ観光 > サンパウ病院


サンパウ病院を徹底解説:歴史、無料開放日、チケット予約方法


2009年まで多くの市民はサンパウ病院に入院していましたが、2014年から観光スポットとしてサンパウ病院は再オープンしました。建築家ムンタネーのデザインで、ヨーロッパの最も広いアー ル・ヌーヴォー様式の建物です。世界遺産に登録されていますが、バルセロナの”穴場”で、あまり込んでいません。サンパウ病院の歴史、観光マップ、アクセス、チケット予約方法・変更・キャンセル、当日券、観光情報(入場料、オーディオガイド、ギフトショップ、コインロッカー、トイレ、レストラン、割引券、日本語ツアーなど)をまとめました。


目次:





歴史、建築


20世紀初頭までバルセロナの最も広い病院は旧市街(ラバール地区)にあるサンタ・クレウ病院でした。
しかし(19世紀中ごろからバルセロナの人口が急に増えてきたので)20世紀になってから古いサンタ・クレウ病院では対応は出来なくなりました。

高齢になったパウ・ジル ( Pau Gil / 1816-1896) という銀行家は当時の郊外に新しい病院を建てるようにと、バルセロナ市に対し高額の寄付をしました。条件が一つあって、それは彼の名前(パウ)を新しい病院につけることでした。

建築家ムンタネー(ドメネク・イ・ムンタネー氏)はヨーロッパの有名な病院を訪れ、各病院のメリットとデメリットを詳しく見て、使いやすい病院を建設しようとしました。1902年にバルセロナの新しい病院の建設工事が始まりました。

サン・パウ病院  の正門は教会の正面に似ています(教会は神様の家で、安心が出来る場所です)。

ガウディ通りに面している建物は1905年から1910年までに建てられた病院の事務所でした。レンガ、石像、鉄の飾り(街灯など)、タイルがあり、ムデルニズマ建築(アール・ヌーヴォー様式)です。外観にある大きなモザイクはサンタクレウ旧病院の物語を説明しています。




  アール・ヌーヴォー様式 

アール・ヌーヴォー様式は、1880年から1920年まで(カタルーニャでは1920年ではなく、ガウディが亡くなった1926年まで)流行っていたスタイルです。建築、家具、街灯、宝石、ステンドガラス、ポスターに影響を与えた美術です。国によって名前が変わります:フランスとベルギーでは:アール・ヌーヴォー( Art Nouveau )、スペインでは:モデルニスモ、カタルーニャでは:ムデルニズマ、イタリアでは:アルテ・フロレアレ、ドイツでは:ユンゲン・スティール、イギリスでは:モダン・アートと言います。特徴は自然からのインスピレイション(木、お花、動物などのモチーフ)、タイル、鮮やかな色、石像、曲線、ステンドガラスです。



豪華な階段の足元にあるドアは石像(修道女一人と神父一人の石像)に囲まれています:20世紀までプロの看護婦はいなくて、患者の面倒をみていたのは修道女でした。


病院の中庭に入ると、右側では男性の病室、左側では女性の病室が見えます。

庭の真中にある建物は2009年まで手術が行なわれる建物でした。この手術室の上部はタイルで飾られています(赤い文字は旧病院の高名な医者の名前です)。


48棟の病棟を建てるはずでしたが、資金が足らなくなり、結局18棟しか建てられませんでした。

各棟の入口(正面)は、3つのエリアに分かれています:



サンパウ 病院 観光
サンパウ病院(中庭)


全てのパビリョン(棟)は地下の通路で繋がっています。寒くなっても、患者はパビリョンから手術室などへ簡単に行けるようになっていました。

19世紀~20世紀初頭の問題は「衛生と伝染病」でした。バルセロナでは風がいつも海から吹いてきますので、(伝染病が風で広がらないように)海の方の患者は伝染性の低い人、丘の方に入院している患者は伝染性の高い人でした。

また、サン・パウ病院の全ての建物は一日中、太陽が当たるように考えて造られてあり、回りのバルセロナ新市街の建物とは平行でなく、45度の角度に建っています。

各部屋に新鮮な空気が簡単に入るように建物の屋根で、換気口がたくさん作られました。

一番奥の建物は、以前、修道女の宿舎、薬局、調理場用の建物でした。



観光マップ
観光マップ

1・ 新しい病院(見学不可)
2・ 後ろの中庭
3・ サン・ラファエル病棟
4・ 旧手術室
5・ 前の中庭
6・ 敷地内の教会
7・ サン・サルバドール病棟
8・ 会議室
9・ 旧管理棟
10・ レストラン
11・ チケット売り場
12・ ギフト・ショップ
13・ 公衆トイレ

もう一つ注目して欲しい箇所があります。この病院の建物の壁には P と G(これはもちろん Pau Gil の意味)の文字がたくさん彫刻されています。

しかし、正門からみて、一番奥の右にある建物には P と G の文字がまったく見当たりません。この建物は Pau Gil の寄付金で建ったものでないからです。。。

1997年にサン・パウ病院は世界遺産に認定されました。

サンパウ病院は、2009年9月まで病院として使われていました。2014年3月中旬まで長く修復され、現在、見学が出来るようになっています。










内部見学


サンパウ病院の開館時間は曜日によって違います:


4月1日~10月31日:
月~土:09時30分~18時30分
日+祝:09時30分~14時30分
11月1日~3月31日:
月~土:09時30分~16時30分
日+祝:09時30分~14時30分


効率よく観光できるようにサンパウ病院のおすすめの見学コースは次のようです:


入口
旧救急センター
地下の通路
サン・サルバドール病棟
ガーデン
サン・ラファエル病棟
旧手術室
旧管理棟
会議室
ギフトショップ

チケット・チェックと荷物の検査を通ってから、地下の部屋を見学します:旧救急センターと地下の通路。サン・サルバドール病棟の1階と2階が見学できますが、まず、丸い部屋で短いビデオ(3分ほど:サンパウ病院の歴史、建築家ムンタネーの紹介、入院した市民のインタービュー)を見ます。階段で2階に上り、模型、写真などが展示されています。

その後、庭に出るので、サンパウ病院の全体が一望できます。ガーデンの裏側に行ってから、サン・ラファエル病棟に入場します。白黒の写真、マップ、古いX線撮影装置が置いてあります。サン・ラファエル病棟の奥ではベッドがたくさん並んでいるので、昔の雰囲気がよく分かります。

旧手術室は小さな建物で、1階のみ見学できます(ビデオ有り)。

最後は旧管理棟と会議室を見て回ります。豪華なアール・ヌーヴォー様式で、装飾(鉄のライト、タイル、きれいな階段、素敵な天井・・・)がとても多いです。2階の会議室にあるバルコニー、天井、柱も建築家ムンタネーによってデザインされました。病院の中庭が一望できる窓まで足を延ばしてみて下さい。会議室を出る時、ガウディ大通りとサグラダファミリアがきれいに見えます。

サンパウ病院はおすすめの観光スポットです。





アクセス


Sant Pau Recinte Modernista
C. Sant Antoni Maria Claret, 167
08025 Barcelona


サンパウ病院 マップ
地図(入口)

 タクシー

タクシー乗り場はありませんが、流しのタクシー( Cartagena 通りと Sant Antoni Maria Claret 通り)が多いです。


 地下鉄

地下鉄、5号線 Dos de Maig / Sant Pau 駅で下車、徒歩2分。


 市バス

V23番、191番、192番、Cartagena - Av. Gaudí バス停で下車、徒歩すぐ。


 ツーリストバス

2階建ての観光バスで行く場合、青ルートの「 Sant Pau Recinte modernista 」バス停で下車、徒歩1分。




よくある質問






入場料


サンパウ病院の入場料、主なチケット:

大人16.00
年配の方11.20
子供12歳まで:無料

2022年06月21日改定










チケット予約方法


サンパウ病院では事前予約が不要ですが、念のため、予約方法を書いておきます。

日本語ツアーに参加しない方は、サンパウ病院の公式サイトでオンライン予約が出来ます。


 日本語オプショナルツアー 
TripAdvisor トリップアドバイザー


https://www.santpaubarcelona.org/

※ サンパウ病院の公式HP以外からのネット予約はおすすめ出来ません。手数料が余分にかかります。また、トラブルが発生してもサンパウ病院は責任を負いません。

チケット再販売が出来るのは、サンパウ病院に公認再販業者として登録されている業者に限られています。【カタルーニャ観光】は公認再販業者の登録番号「2736」です。


「 EN 」(英語サイト)を選んだ後に、 Tickets    ボタンをクリックします。


公式サイト
サンパウ病院
公式HP


見学日

新しいページにあるカレンダーで(日によりチケット種類が違うので)まず、訪れる日を選びます。


   July 2022   
カレンダー
カレンダー

薄いグレイ色の日付は一般チケットが発売されていないという意味です。

サーモン色の日付は選んだ日です。


チケット種類


希望のチケット(アクティビティー)を選択します。


アクティビティーズ
アクティビティーズ(チケット種類)

チケットは、全部で4種類まで現れます:


「 Self-Guided Visit + Audiotour 」はオーディオガイド(日本語あり)付きの自由行動。「 Guided Visit 」は専属ガイド付きの見学ツアー(カタルーニャ語、スペイン語、英語)。「 Self-Guided Visit 」はオーディオガイドなしの自由行動です。


  日本語ツアー 

日本語ツアーをお探しの方は【カタルーニャ観光】のオプショナルツアーをお選び下さい。。


 Continue  ボタンをクリックします。


枚数の選択


次のページで枚数を選びます。


枚数
枚数


Amics del Recinte Modernisme、Xarxa de Biblioteques、TR3SC Club、Òmnium 等は地元の人のためのチョイスです。外国から来た観光客は、General(大人)、BCN Card、 City Tours カードを持っている方、Bus Turístic(ツーリストバス)、 Age 12 - 29(12~29歳)、Over 65 years old(年配の方)、Children under 12(12歳未満の子供)、Discapacitat Reduïda(障害者)から枚数を選びます。

  Continue   ボタンをクリックします。



入場する時間
入場する時間

サンパウ病院に入場する時間を選びます。

  Continue   ボタンをクリックします。


見学日の確認


訪れる日を確認してから、もう一度、  Continue   ボタンをクリックします。


予約確認
予約確認

次のステップに進め前に訪問日、時間、枚数などを確認します。


プロモーション


プロモーション・コードを持っている方はご記入下さい(外国人はプロモーション・コードがなく入力できません)。


個人情報


ページ下部で、お名前(名、姓、ローマ字)、住んでいる国、電話番号、メールアドレス&確認用メールアドレスを記入します。


個人情報
個人情報

日本の携帯電話のメールアドレス( docomo 等)を記入する場合、受信エラーが多いです。

「 I declare that I have read and accept these conditions 」は「利用規約を読み、同意します」チェックボックスです。チェックします。

「 I would like to receive information about the Art Nouveau site 」はメルマガ配信を希望する方は、チェックします。

 Pay  ボタンをクリックします。



クレジットカード



クレジットカード
クレジットカード記入

クレジット・カードの番号、有効期限とセキュリティコードを記入します。


クレジットカード
クレジットカードの裏側

「 Security code 」はクレジットカードの後ろにあるコード(3桁)です。

 ACCEPT  ボタンをクリックします。


チケット受信


チケットの購入が完了したら、【 Sant Pau Recinte Modernista 】というタイトルのメールが送られてきます。そのメールにサンパウ病院のEチケットが添付されています。

当日はこのEチケットを印刷して持参するようにしましょう。「スマートフォン用のチケット」のダウンロードも出来ます。

当日にチケット売り場に行かずに直接に入口に行き、係員にチケットを見せます。





チケット変更


サンパウ病院の利用規約によりチケット変更は出来ません。


チケット変更
チケット変更





チケット・キャンセル


サンパウ病院の利用規約によりチケットのキャンセルは出来ません。


チケット・キャンセル
チケット・キャンセル




当日券


Sant Antoni Maria Claret 通り167番 のチケット売り場に行ったら、チケットを買うことが出来ます。曜日、時間、時期などにより待ち時間が違いますが、長く並んでも10分以内に入場できるでしょう。


チケット・オフィス
チケット・オフィス

※ オンラインでチケット及びオーディオガイドを予約した方はチケット・デスクに寄って下さい(オーディオガイド無しでオンライン予約した方は直接に手荷物の検査に行って下さい)。

※ 空港バスで貰う割引券(20%)が使えます。

※ バルセロナ・カードを持っている方はサンパウ病院では、入場料が割引されます。チケットを買う時にバルセロナ・カードを見せるのをお忘れなく!




   


おすすめのページ




▲ TOP










ご利用は、読者御自身の判断でお願いいたします。
「カタルーニャ観光」は、一切の責任を負いません。



HOME > サイトマップ > バルセロナ観光 > サンパウ病院 徹底解説

サイトマップ > バルセロナ観光 > サンパウ病院