バルセロナ無料見学 
無料見学
ページトップへ


ピレネー山脈 リポイ

HOME > サイトマップ > カタルーニャ情報 > リポイ修道院

サイトマップ > カタルーニャ情報 > リポイ修道院


ロマネスク様式、リポイの門


目次:


リポイ 地図
リポイ 地図


リポイ市


バルセロナを離れて、落ち着いた町に行ってみませんか?
おすすめの町が本当に多いですが、リポイ町は、いかがでしょうか?

リポイ(リポール、Ripoll)が、カタルーニャの誕生地だとよく言われています。

ピレネー山脈の麓にあるリポイ市(標高:690メートル、人口:1万人)は、バルセロナの北110キロにあります。


リポイの魅力は?

・ 落ち着いた町、
・ 川が2つ流れています、
・ ピレネー山脈に囲まれています、
・ お花が多い町、
・ レストランで地元の料理が食べられます、
・ パン屋さんで「コカ」が買えます、
・ 古い修道院を見学します。




歴史


Guifré I が、よく知られているバルセロナ公爵でした。Guifré I(9世紀)のニックネームは、Guifré el pilós(日本語:毛深いギフレ!)でした。

西暦880年に毛深いギフレは、ベネディクト会のリポイ修道院を創立し、オリバ修道院長は、このサンタマリア修道院を運営しました。1000年前にオリバ修道院長は、権力を持っていました:ビックのカテドラル、モンセラット修道院、サン・ペラ・ダ・ルダス修道院、サン・ミケール・ダ・クシャ修道院やサン・マルティ・ダ・カニゴ修道院などを運営しました。



最初のバルセロナ公爵(801年~878年、11人)が、フランク国王に選ばれました。


バルセロナ公爵
Berà(801年~820年)
Rampó(820年~826年)
Bernat de Septimània(826年~832年)
Berenguer de Tolosa(832年~835年)
Bernat de Septimània(835年~844年)
Sunifred I(844年~848年)
Guillem de Septimània(848年~850年)
Aleran & Isembard(850年~852年)
Odalric(852年~858年)
Humfrid(858年~864年)
Bernat de Gòtia(865年~878年)

毛深いギフレの時代から、次の世代の子孫がバルセロナ公爵になりました。


バルセロナ公爵
Guifré el pilós(878年~897年)
Guifré II de Barcelona(897年~911年)
Sunyer I(911年~947年)
Miró I(947年~966年)& Borrell II(947年~988年)
Ramon Borrell(992年~1017年)& Ermessenda de Carcassona (992年~1021年)
Berenguer Ramon I(1021年~1035年)
Ermessenda de Carcassona(1035年~1039年)
Ramon Berenguer I(1039年~1076年)
Ramon Berenguer II(1076年~1082年)& Berenguer Ramon II(1076年~1097年)
Ramon Berenguer III(1097年~1131年)
Ramon Berenguer IV(1131年~1162年)

多くのバルセロナ公爵や権力を持った政治家が、リポイ教会に埋葬されました:毛深いギフレ、ラモン・ベランゲー3世、ラモン・ベランゲー4世、バルナット・タヤフェッル等。

最も有名なバルセロナ公爵が創立した修道院で、バルセロナ公爵の棺がたくさんある教会なので、カタルーニャ人にとっては、リポイがカタルーニャの誕生地です。


毛深いギフレのお墓
毛深いギフレ 棺

リポイ教会の門は、12世紀に造られたので、ロマネスク様式(特徴:半円アーチ)になっています。長さ12㍍、高さ7㍍で、西に向かっています。とてもユニークな門で、旧約聖書をイメージしています。聖人ペドロ、聖人パブロ、全能者、福音書記者4人(マルコ、マタイ、ルカ、ヨハネ)、契約の箱、1月から12月までのカレンダー、カインとアベル等が見えます。リポイの門は、石で造られた聖書だとよく言われています。

リポイの門が世界遺産に登録されるように、カタルーニャ政府が手続きし始めました。


1428年に大きな地震が起こったので、教会の塔2つが破壊されました(右側の塔のみ、再建されました)。

又、1835年に永代所有財産解放令の時に、火事があって、教会や中庭回廊がもう一度破壊されました。

現在の教会は、19世紀に再建された教会です。珍しくて、アブス(教会の祭壇の後ろにある半円形の部屋)が7つ造られています!


リポイの門
リポイの門(ロマネスク様式)


1931年にリポイ教会が、カタルーニャの国家遺産に登録されました。

残念ながら、スペイン内戦(1936年~1939年)の時、多くの棺が壊されました。

2階建ての中庭がとても静かな場所です。12世紀に建設工事が始まりましたが、16世紀初頭まで造られました(2階が15世紀と16世紀に造られました)。



リポイ 中庭回廊
リポイ 中庭回廊

見学できる場所は、ロマネスク様式の門、1835年以降に再建された教会、2階建ての中庭回廊です。

近所にある写字室 も見学できます。


リポイ修道院の見学時間:


10時00分~14時00分
16時00分~19時00分
10時00分~13時30分
15時30分~18時00分

公式HP:www.monestirderipoll.cat/



 日本語オプショナルツアー 
TripAdvisor トリップアドバイザー



カタルーニャのおすすめのロマネスク様式:






観光情報


おすすめのホテル:Can Salvans

おすすめのレストラン:La Taverneta

おすすめのパン屋さん:Forn Capdevila


ハイキングがお好きですか?リポイ付近のおすすめのハイキング・コース





アクセス



電車 リポイ駅
リポイ駅


バルセロナ・サンツ駅から R3 号線、Ripoll 駅で下車。

1日に16本。所要時間:約2時間00分。

チケット代(スペイン国有鉄道)

リポイ駅から修道院まで、徒歩約10分。



#ロマネスク
 
#教会
 
#修道院





HOME > サイトマップ > カタルーニャ情報 > リポイ修道院

サイトマップ > カタルーニャ情報 > リポイ修道院