記事一覧


カサ・ビセンス公開!

2017/11/01 13:44

もうすぐ(2017年11月16日)にガウディがデザインしたカサ・ビセンスが公開されます。

カザ・ビセンスは、ビセンス氏の別荘でした。ビセンス氏は、バルセロナ出身のプチ・ブルジョアで、証券取引所のブローカーでした。それに、タイルの工場を経営しました。
1883年にビセンス氏が、30歳のガウディにアールヌーボー様式の建物を頼みました。

若いガウディは、タイルや鉄をたくさん利用し、イスラム様式や自然からの影響を受け、曲線があまりないカサ・ビセンスをデザインしました。ガウディの初期作品です!

4階建てのカサ・ビセンスは、1888年までグラシア市(現在:バルセロナ市のグラシア地区)で造られました。

歩道から見える柵が、シュロの葉っぱをイメージしています。タイルには、マリーゴールドという花が多いです。きれい!

現在、カサ・ビセンスの庭が小さいです。。。残念!1946年までは、広い庭にガウディがデザインした豪華な噴水がありましたが、無くなりました。その上、広い庭で、マンションが造られてしまいました。


2005年にカサ・ビセンスが、ユネスコの世界遺産に登録され、2014年に MoraBank は、カサ・ビセンスを購入し、修復してくれました。それのお陰で、今月から(歴史上で初めて)カサ・ビセンスが公開されます。バルセロナの観光地が増えて行きます!良かった!(笑)


バルセロナ ビセンス邸 世界遺産
バルセロナ観光 カサ・ビセンス

カサ・ビセンスの見学時間:
1月1日と6日、12月25日以外:
毎日(月~日)、10時00分~20時00分。


カサ・ビセンス 地図



コメントの投稿




Code
お手数ですが、下のボックスに表示されているコードを入力して下さい。

コード:半角英文字、大文字のみ!

この操作により、自動プログラムではなく、人間がメッセージを書くことを確認することが出来ます。





 記事一覧



Back to top