スペイン ダリ美術館

HOME > サイトマップ > カタルーニャ情報 > ダリ美術館、フィゲラス

サイトマップ > カタルーニャ情報 > ダリ美術館


ダリ美術館、モデルコース、アクセス、レストラン、天気予報


フィゲラスにあるダリ美術館は、世界の最も大きなシュルレアリスムのオブジェです!効率よく観光できるモデルコース、バルセロナからのアクセス、おすすめのレストランやバル、ホテル・デュランなどをご紹介します。


目次:




ダリ美術館 ビデオ
フィゲラス、ダリ美術館
(ビデオ)



おすすめのページ




ダリツアー チケット




ダリ美術館(フィゲラス)モデルコース


カタルーニャ高速列車(Avant)にて北に向かい、55分で田舎の町フィゲラスに到着します。フィゲラス新駅(Figueres Vilafant 駅)からフィゲラス中心地(ダリ美術館)付近までは、フィゲラス市バスを利用し、10分ほどで到着します。

フィゲラス(人口4万人)は、バルセロナの北120キロにあり、田舎の落ち着いている町です。町の中心地は、ランブラ通りです。ダリ美術館がある地区は、ショッピング・エリアですが、多くのお店の昼休みが長~い(!)です。


目の前はダリ美術館です!


ダリ美術館 有名な赤い壁
サルバドール・ダリ美術館
(外観)

ダリ美術館の回りを一周されると、美術館の大きさや、美術館の奇妙な外観が見て取れます。

赤い壁が、日本語版のガイドブックによく載っています。壁にあるモノは、パンです!建物の上には、金色のマネキンと大きな卵です。ダリの世界が面白い!


スペイン フィゲラス ダリ
ダリ美術館
入り口

ダリ美術館の赤い壁がよく知られていますが、美術館の入口は、サン・ペラ教会の隣にあります。赤ちゃんのダリは、このサン・ペラ教会で洗礼を受けました。

スペイン内戦で無くなった市立劇場がリフォームされ、1974年にフィゲラスのダリ美術館がオープンしました。とても広い美術館です。


1階 2階 見学マップ
1階~2階の部屋

1:入口、チケット売り場 / 2:中庭 / 3:舞台 / 4:赤い部屋 / 5:旧魚マーケット / 6:アクセサリー部屋 / 7:ダリのお墓 / 8:バイエス氏の部屋 / 9:ダリの版画 / 10:廊下 / 11:メイ・ウエスト部屋 / 15:風の宮殿 / 16:アメリカの詩 / 17:廊下 / 18:ブラマンテの礼拝堂 / 19:3D作品 / 20:新しい部屋 / 21:ガラテア塔 / 22:新しい部屋。


春から秋のハイシーズンには、美術館の前で長い行列ができているのをよく見かけます。事前予約をお忘れなく!


ダリ美術館 ダマシエ
ダマシエ

中庭にある黒い車は、ダリが持っていたキャデラックです。キャデラックの中で雨が降ります!

壁にある絵は、ダマシエです。見る距離により、見える絵が全然違います。。。

ダリは、歴史、ギリシャ神話、サイエンス、宗教などに興味を持っていました。このテーマは、多くの絵画に出ています。


ガラリナ(ガラ・ダリ)
ダリ美術品:ガラリナ

ダリ美術館の作品は、年代順に並んでいません。若いダリ(17歳)が描いた絵のとなりで高齢のダリの絵(78歳)が見えます。

1929年の夏にダリ(伝記)は、ロシア出身の「ガラ」に出会いました。ガラは、ダのミューズになり、多くの絵に描かれています。


休息の間 天井
旧劇場の天井画

「風の宮殿」という部屋は、旧劇場の休息の間でした。ダリは、大きな天井画を描きました。ダリのちょび髭が分かりやすいです!

舞台の背景にある巨大絵が、1947年に描かれたレプリカです。最初の作品は、1941年にニューヨークのメトロポリタン歌劇場のために描かれました。


ダリ美術館、舞台
舞台の背景にある絵

ダリ美術館の隣に、ダリがデザインした宝石の博物館があります(ダリ美術館本館を出て右に曲がると、角に鉄の門と回転ドアがありますが、そこです!同じチケットで見学できます)。

1940年代、1950年代にダリが宝石をデザインし、ニューヨークの有名な宝石屋がそれを作りました。大きな存在しない石以外は、全て本物の金、銀、ダイヤモンド、ルビーなどです。



昼食は、おすすめのピンチョス・バルでとります。また、サルバドール・ダリとガラ夫人がよく行ったホテル・デュランのレストランで昼食をとることも出来ます。このレストランのアンポルダ地方料理が美味しい!です。


カダケスの「卵の家」まで足を延ばすことをおすすめします。


 チケット予約方法 


 ダリ美術館ツアー 





















アクセス


バルセロナサンツ駅から高速列車(Avant)をご利用、新フィゲラス・ビラファント駅で下車。
1日に15本。所要時間:55分。

チケット代(スペイン国有鉄道)

国有鉄道駅からダリ美術館付近まで(約1.5キロ):市バス、またはタクシー(タクシー代)。


高速列車 チケット
Avant のチケット






よくある質問







フィゲラス、レストランやバル



  レストラン 

フィゲラス中心地にあるおすすめのレストラン / バルは、次のお店です:

・ Restaurant "Duran" 

・ Restaurant "Amor meu" 

・ Taberna "Lizarran" 

・ Flequers "Maia" 





フィゲラス、天気予報



  お天気 

フィゲラスは、ピレネー山脈にある町で、バルセロナより涼しいです。






デュラン・ホテル、フィゲラス


バルセロナからフィゲラスまで日帰り旅行が出来ますが、フィゲラスに1泊することをおすすめします。内陸の町の落ち着いた雰囲気が楽しめます。また、ダリの世界にもう少し近づくことも出来ます。フィゲラスには、ホテルが数軒ありますが、サルバドール・ダリ自身が利用していたホテルは、ホテル・デュランでした。

ホテル・デュランは、フィゲラス旧市街にあり、ランブラス通りのすぐ傍にあります。ダリ美術館まで歩いて3分!

4階建ての建物は、近年に改装されました。1階は、オシャレなレストランになっています。レストランのシェフは、このアンプルダ地方の料理を作ってくれます:田舎のサラミ、コスタ・ブラバ海岸の魚など。この地方のワインも飲むことが出来ます。デュラン・レストランが少し高いですが、サービスはとても丁寧です。

レストランの奥にダリが食事した小部屋があり、オーナーに頼めば、見学が可能になります。壁に以前この部屋で撮られた写真などがたくさん貼ってあります。


建物の2階から4階までは、65 の部屋があります。全ての部屋が改装されたので、とても清潔で夜はとても静か。部屋には電話、テレビ、無料ワイファイ、エアコン、暖房、ヘアードライなどが設備されています。

建物の2階の広い部屋で朝食(バイキング)をとることが出来ます。

ホテル・デュランの最初のオーナーさんが、ダリと同じ学校に通っていて、二人は友人でした。

受付の方は、デュランさんの子孫で、スタッフは皆、フレンドリーです。1階はダリの絵画、ダリの頭の彫刻、古い新聞の記事で飾られています。サロンの壁は、12枚の絵で飾られ、バルも新聞記事や写真で飾られています。


ホテル デュラン
ダリが泊まったホテル・デュラン

デュラン・ホテル、レストラン:休業日なし。
トリプル・ルーム、4人用の部屋も有り。
近くに警備さん付きの駐車場も有ります。

料金は、ホテル・デュランの公式HP  に書いてあります:
参考までに、ホテル代(消費税込み)が、次のようです:ツイン・ルームは、85 ユーロ~、朝食は 11 ユーロ、駐車場は、15 ユーロ。


暖かい歓迎をしてくれるスタッフ、美味しいカタルーニャ料理が楽しめるレストラン、静かで居心地よいお部屋、このホテル・デュランは本当におすすめです。是非行ってみてください!

フィゲラスの Hotel Duran(3つ星):

Carrer Lasauca, 5
FIGUERES 17600

(+34) 972-50-1250




おすすめのページ







まとめ


ダリの世界が面白いです!フィゲラスに着くと、すぐにダリの世界にどっぷり浸ってしまいます。



#ダリ
 
#フィゲラス
 
#卵の家
 
#チケット


▲ TOP










ご利用は、読者御自身の判断でお願いいたします。
「カタルーニャ観光」は、一切の責任を負いません。



HOME > サイトマップ > カタルーニャ情報 > ダリ美術館、フィゲラス

サイトマップ > カタルーニャ情報 > ダリ美術館