バルセロナ ワイナリー スペイン

HOME > サイトマップ > カタルーニャ情報 > バルセロナ ワイナリー

サイトマップ > カタルーニャ情報 > ワイナリー情報


バルセロナ付近ワイナリー、おすすめのワイン&カバ試飲


バルセロナ近辺にあるペネデス地区がワイナリーでよく知られています。なだらかな丘にブドウの木が地平線まで続いています。ブドウを収穫する時期は、8月中旬~10月頃だけですが、一年中、家族経営の小さなワイナリーから大規模なワイナリーまでの見学が可能です。優秀なワインやカヴァの作り方、カタルーニャの在来種などが親しくなるでしょう。おすすめのワイナリー見学、ペネデス地区の観光情報、1日モデルコース、老舗ワインショップ、アクセス等をまとめました。


目次:









ワイン・カバの基礎知識



カタルーニャ地方ワインの原産地名は、11つあります:


ワイナリー ビデオ
バルセロナ地方のワイナリー、
見学ビデオ

ワインを作る時

夏の終わり頃に収穫されたブドウを圧搾し、ブドウ果汁が得られます。アルコール発酵させた後に、樽やタンクに詰めて熟成させます。ろ過して、澱を除いたワインを瓶詰します。ワインは瓶内でも熟成が進むので、時間が経てば経つほど優秀なワインになります。

専門用語:Crianza は樽で半年、Reserva は樽で1年、Gran Reserva は樽で1年半ワインを寝かせます。


スパークリングワインを作る時

夏の終わり頃にブドウを収穫します。ブドウを圧搾し、ブドウ果汁が得られます。ステンレスタンクで1次発酵させます。様々なベースワインを混ぜ(クパージュ)、イーストを加え、瓶詰めします。地下道で熟成させ、少しずつアルコールと炭酸ガスが発生します(2次発酵)。瓶を売る前に澱を除き、リキュールを加え、コルク栓を置きます。


カバ?シャンパン?

カタルーニャのスパークリング・ワインは、カバ Cava と言います。以前カタルーニャのスパークリングワインも「シャンパン」と呼ばれていましたが、1970年代に法律が変わり、「シャンパン」が「カバ」になりました。カタルーニャ語では「カバ」は地下道を意味します。

カバにしてもシャンパンにしても同じ作り方です。





トーレス社、モデルコース


ビラフランカ・ダル・パナデス市の近くにあるトレース社では、トロッコ列車に乗り、イヤホンを聞きながら、トーレス社のブドウ畑を走ります。近くから見えるブドウは、「カベルネ・ソーヴィニョン」、「モナストレル」、「ガルナチャ」等です。


白いブドウ

ワインを寝かす樽がたくさん並んでいる「ワインのカテドラル」という建物に入ります。その後、トロッコ列車からモダンなブドウ搾り、ブドウ果汁が入っているタンク、ワイン醸造学者が働く建物、瓶詰めラインなどを見学します。


ワイン・テスティングが楽しめる部屋に入り、お好きなワイン(赤ワインまたは白ワイン)を味わいます。試飲後に、トレース社のお店で、「コロナス」、「グラン・コロナス」、「サングレデトロ」、「ビニャソル」などのワイン、コルク抜きなどを買うことが出来ます。


トレース社 マス・ラプラナ
トレース社
スペイン・ワイン

Miguel Torres トーレス社
Finca Mas la Plana s/n, 08796 Pacs del Penedès
公式HP:トーレス社
ワイナリー見学には、予約が必要。


数年前にトーレスのレストランがオープンしました。ブドウ畑を見ながら、昼食してみませんか?





コドルニュー社、モデルコース


サン・サデュルニ・ダノイア市は、カタルーニャのスペークリング・ワインでよく知られています


カタルーニャのスパークリング・ワインは「カバ」と呼ばれています。カバを作る会社が40軒ほどありますが、コドルニュー社の見学をおすすめします。


19世紀の終わり頃にコドルニュー社の建物が、建築家ジュゼップ・プッチ・イ・カダファック(ガウディのライバル)によってデザインされました。豪華なアール・ヌーヴォー様式の建物です。


コドルニュー社 バルセロナ スパークリングワイン
コドルニュー社
レセプション・ホール

コドルニュー社は、約2100ヘクタールのブドウ畑で、ブドウ5種類を栽培しています:マカベウ、シャレロー、パレヤダ、シャルドネとピノノワール(マカベウ、シャレローとパレヤダは、カタルーニャ在来種)。


コドルニュー社 宴会場
樽が並んでいる宴会場


見学が始まると、映画で1551年に創立された「コドルニュー社」が紹介されます。

その後、専属ガイドと一緒にミュージアム(古いブドウ絞り器や樽)に通って、地下道に入ります。


コドルニュー社 地下道の見学
地下道の見学

トロッコ列車を使い、地下道を一周します。季節が変わっても、地下道の温度や湿気が変わりません(15度ぐらい)。


カバ カタルーニャ ワイン
アナ・デ・コドルニュー元社長

カバ・テスティングが終ったら、ワイン・ショップに寄り、見学は終了です。



Codorniu コドルニュー社
Caves Codorniu, Avda Jaume de Codorníu s/n, 08770 Sant Sadurní d'Anoia
公式HP:コドルニュー社
ワイナリー見学には、予約が必要。


 ワイナリー日本語ツアー 



おすすめのページ








パネデス地区


パネデス地区(Penedès)の大きな町が、ビラフランカ・ダル・パネデス市とサン・サデュルニー・ダノイア市です。



ペネデス地方 地図
ペネデス地方 − 地図





ビラフランカ市


バルセロナの60キロ西にあるビラフランカ市は、パナデス地区の最も大きな町(人口4万人、標高:223m)です。赤ワインや白ワインを作るワイナリーがとても多いです。

ビラフランカ旧市街にある名所は、サンタマリア教会(カタルーニャでは、最初に造られたゴシック様式の教会)、中央広場、豪華な市役所、裏側の細い通り、文化ミュージアムとワイン・ミュージアムです。

年に数回、賑やかなお祭りが開催されます:7月には、ビ・ジャズ祭り(ジャズとワイン!);8月中旬には、「フェスタ・マジョール」;11月1日には、トッツ・サンツ祭り。 特に、8月中旬のお祭りが、メイジャー祭りで、人間の塔、巨人人形、花火などが楽しめます。3日間のフェスタ・マジョール祭りが終ると、ブドウの収穫は始まります。


スペイン ワイン生産地 バルセロナ
ビラフランカ・ダル・パナデス市


Bodegues Pinord

150年以上前に造られたワイナリーで、伝統的なやり方でワインとスパークリングワインを作っています。エコ栽培を応援しています。

http://www.pinord.es/

Bodegues Parés Baltà

1790年に創立されたワイナリーで、パレス・バルタ社がブドウ畑に囲まれています。パレス・バルタの白いワインがよく知られています。マリア・アレナさんとマルタさんというワイン醸造学者は、優秀なエステート・ワインを作ります。

https://paresbalta.com/

Cava & Hotel Mastinell

ホテル付きのワイナリーです(建物は、横になっている瓶をイメージしています!)。とても小さなワイナリーですが、説明が詳しいワイナリーです。スパークリング・ワイン(発泡ぶどう酒)とデザート・ワインを作ります。

www.hotelmastinell.com/


マスティネイ社 カバ作り
マスティネイ社

Bodega Jean Leon

セフェリノ・カッリオン(ニックネーム:ジャン・レオン)が、北スペインにあるサンタンデール市に生まれました。1949年に米国に移動し、1956年に「ラ・スカラ」というレストランを創立しました。高級ワインが必要だと感じて、カタルーニャのブドウ畑を購入し、ワインを作り始めました。1994年にトーレス社が「ジャン・レオン・ワイナリー」を購入しました。

www.jeanleon.com/



ビラフランカのおすすめのレストラン/バル:

■ Casino
■ Restaurant Casa Joan
■ Ibericus


☆ ビラフランカ・ダル・パナデス観光局、公式HP:
  www.turismevilafranca.com/




サン・サデュルニー市


カタルーニャ地方のシャンパンは「カバ」という名前で売られています。
カバの生産地は、バルセロナから簡単に行けるサン・サデュルニ・ダノイア  という町です。

サン・サデュルニ・ダノイア市(人口1万2千人、標高:160m)には、カバのボデガ(ワイナリーのこと)が多く(40軒以上もあり)、見学が出来ます。しかし、予約なしで見学できるボデガが少ないです。5軒を紹介しましょう。

ところで、サン・サデュルニ・ダノイア市には、見学できる Simón Coll というチョコレートファクトリーも有ります!



Caves Codorniu

ブドウ畑に囲まれているコドルニウ社のボデガは、オススメのワイナリーです。

町から少し離れていますので、タクシーに乗り、駅から12.00ユーロぐらい(片道)かかるでしょう。

このボデガは、カタルーニャ出身のジョゼップ・プッチ・イ・カダファック建築家に建てられましたので、受付と古いボデガの建物は、素敵なアール・ヌーヴォー様式です。

1551年に創立されたコドルニュー社は、17人に渡る血縁後継者で後を継いでいましたが、2018年に米国の会社の所有物になりました。
毎年4千万瓶を生産するコドルニュー社は面積20ヘクタールのワイナリーで、30キロの地下道を維持しています。

見学の初めに短いビデオが有り、その後、専属ガイドと一緒にボデガを訪れます。
瓶詰めのところに寄ってから、深さ20メートルの地下道まで下り、地下を走るトロッコも乗ります。
博物館には古い樽、古いブドウ搾り機が置いてあります。
見学の終わりに素晴らしい地下室でカバ2種類を試飲します。

平日は9時から17時までで、週末は9時から13時まで見学が出来ます。

www.codorniu.com/
(オンライン予約が可能)

Caves Blancher

Blancher ボデガは、サン・サデュルニーの中心地に有り、見学は、土・日・祝:11時00分~、12時30分~。
入場料は、10ユーロで、見学は1時間かかります(テスティング:2種類)。
有名なボデガより、観光客が少なく、質問などがあったら、簡単に訪ねることが出来ます。

www.blancher.es/

Caves Freixenet

フレシネ・ボデガは、サン・サデュルニ・ダノイア駅のすぐそばにあります。きれいな庭に昔の配達トラックなどが展示されています。

月曜日から木曜日まで、11時~、12時~、13時~、16時~と17時~の見学、

金曜日は11時~、12時~と13時~、

土曜日、日曜日は10時〜13時まで見学が出来ます。


フレシネ
フレシネ社

www.freixenet.es/

オンライン予約が可能:

  • 公式HPにアクセス
  • ページの上部で「EN」(英語)を選択
  • Wine Tourism を選ぶ
  • Visit the wineries を選ぶ
  • Visit to Freixenet ⇒ Information and reservations を選ぶ
  • Make your reservation をクリックする
  • 枚数(大人、子供、年配の方)を選ぶ
  • Continue ボタンをクリックする
  • 訪れる日を選ぶ
  • Select the language ot the tour、ツアー言語を選ぶ
  • 訪れる時間を選ぶ
  • Continue ボタンをクリックする
  • 個人情報を記入する
  • 「利用規約を読んだ」チェックボックスをクリックする
  • Pay ボタンをクリックする
  • クレジットカード番号、有効期限などを記入する
  • Accept ボタンをクリックする

Caves Gramona

1881年に創立されたワイナリーで、「神の雫」マンガ、および「池上彰の現代史を歩く」テレビ番組に出てくるワイナリーです!小さなワイナリーですが、見学が楽しいです。ブドウ畑150ヘクタールを持っていて、主にシャレロー、シャルドネ、ピノノワールとマカベウを栽培します。

グラモナ・ワイナリー

Caves Recaredo

1924年にジュゼップ・マタ・カパヤダスが、レカレド社を創立しました。現在、シャレローをたくさん栽培しています。エコ栽培を応援しています。

レカレド・ワイナリー


ペネデス ブドウ畑
ペネデス ブドウ畑



サン・サデュルニーのおすすめのレストラン/バル:

■ Cal Ticus
■ El Cafè de la Plaça
■ Taps de suro
■ Cal Feru eno·botiga




サン・サデュルニ・ダノイア市の他のボデガは、お店を中心にしたボデガなので、見学は出来ないところが多いです。

一般の営業時間は9時 or 10時から夕方の17時 or 18時までです。但し、13時から15時まで、昼休み(シエスタ)のため、閉まっています。


☆ サンサデュルニダノイア市、観光局のHP:
  www.santsadurni.cat/turisme





アクセス


■ バルセロナ・サンツ駅から R4 号線、サン・ビセンス行きの電車に乗る。Sant Sadurni 駅で下車。

1日に38本、所要時間:45分。

チケット代(カタルーニャ郊外電車、ゾーン4)


■ バルセロナ・サンツ駅から R4 号線、サン・ビセンス行きの電車に乗る。Vilafranca del Penedes 駅で下車。

1日に38本、所要時間:55分。

チケット代(カタルーニャ郊外電車、ゾーン5)


列車 チケット
ルダリアスのチケット




#ワイン


▲ TOP









ご利用は、読者御自身の判断でお願いいたします。
「カタルーニャ観光」は、一切の責任を負いません。



HOME > サイトマップ > カタルーニャ情報 > スペイン ワイナリー

サイトマップ > カタルーニャ情報 > ワイナリー情報