記事一覧


カタルーニャ美術館

 2018/11/14 19:31

バルセロナでは、多くの美術館を見学できますが、最も広い美術館は、モンジュイックの丘にある「カタルーニャ国立美術館」です。

1929年のバルセロナ万国博覧会のために造られた建物が、とても目立ちます。スペイン広場から見ても、ドーム等がとても大きく見えます!


美術館 外観
カタルーニャ美術館

美術館の1階には、ロマネスク様式、ゴシック様式、バロック様式とルネサンス様式のエリアが有り、2階には、19世紀の終わり頃からの美術品が展示されています(主にカタルーニャ出身のアーティスト)。1000年のアートが楽しめる MNAC(カタルーニャ国立美術館)です。

広い美術館で、あまり込みません。
チケット売り場で美術館マップを貰います。


世界では最も広いロマネスク様式の美術館です(ちなみに、ビックの司教区美術館は、世界3番目!)。

保存するため、20世紀初頭にピレネー山脈(特にボイ渓谷)にある小さな教会の壁画が、バルセロナに移されました。
10世紀~12世紀の祭壇の前の飾り、アプスの壁画、木製の十字架、十字架廊下などが見えます。

※ アプスは、教会の祭壇の後ろにある半円形の部屋。


ロマネスク様式
ロマネスク様式

大きな美術品は「サン・クリメント・ダ・タウユ教会」と「サンタ・マリア・ダ・タウユ教会」の壁画です。豪華な全能者が描かれています。


ゴシック様式のエリアも広いです。ゴシック様式が流行していた時代には、アラゴン王の支配下(12世紀の終わり頃~15世紀の終わり頃)のカタルーニャ国が栄えていました。それで、素晴らしい祭壇画を描いたり、お墓やアーチの頂上の要石を作ったりした時代でした。


ゴシック様式
ゴシック様式

ルネサンス様式(16~17世紀)のエリアは、そんなに広くありません。すぐに、バロック様式(18世紀頃)のエリアに入ります:エル・グレコ画家、ディエゴ・ベラスケス画家の絵が数枚展示されています。


ルネサンス様式
ルネサンス様式

2004年からティッセン・ボルネミッサ美術館から貸し出し中の美術品(ゴシック様式から、ルネサンス様式、ヴェネツィアのロココ様式まで)もたくさん展示されています。

隣の部屋は、「フランセスク・カンボ」のコレクションがあります:カタルーニャ出身の政治家が、50つの美術品(風景、ポートレート、静物画など)を美術館に寄付しました。


バロック様式
バロック様式

このエリアを出ると、驚きます!非常に広いセレモニー・ホールに着きます。今でも、パーティー、結婚式などの為に利用されるホールです。上にある大きなパイプ・オルガンを是非見てみて下さい。

エレベーターまたは階段で2階に上ります。まず、丸いドームに描かれている絵を見ましょう!
奥の部屋には、中級レストラン(オレウム・レストラン)。横の壁には、ジョアン・ミロのセラミック。

2階には、カタルーニャ出身のアーティスト(サンティアゴ・ルシニョール画家、ラモン・カザス画家、マリア・フルチュン画家)の絵画や彫刻がたくさん見えます。アール・ヌーヴォー様式のエリアです。19世紀の終わり頃~20世紀初頭には、カタルーニャが織物の工場のおかげで栄えていました。大金持ちになった人たちが、様々なアーティストに美術品(絵画、家具、ステンドガラスなど)を頼みました。

「アール・ヌーヴォー様式」が、カタルーニャ語では「ムダルニズマ様式」と言います。

ガウディのデザイン(柵など)、ガウディのライバル(ムンタネール建築家)、ガウディの弟子(ジュゼップ・マリア・ジュジョール等、ジュゼップ・イィモナ彫刻家など)のデコレーションや家具もたくさん並んでいます。


アール・ヌーヴォー様式
アール・ヌーヴォー様式

最後の部屋には、パウ・ガルガイオ彫刻家の美術品またはピカソ、ダリの絵画が見えます。
素敵なコレクションです。全部で1000年のアート!

コインまたは古い写真がある部屋もあります。
チケット売り場の左側は、地下1階の部屋では、特別展も開催されます。



  基本情報 

休憩できる場所が美術館内にあるベンチやソファ以外は、2ヶ所あります:美術館の前にあるテラス(バルセロナを一望できるテラス!)または美術館の中にあるカフェテリアで軽食が出来ます。

トイレ、コイン・ロッカー、日本語オーディオガイド、ミュージアム・ショップ有り。

美術館が広いので、ゆっくりと全ての部屋を見て回るのに、約6時間かかります。それで、チケットが2日間有効!優しいシステムです!


カタルーニャ美術館
Palau Nacional
Parc de Montjuïc, s/n
08038 Barcelona

(+34) 93 622 03 60




美術館:アクセス、開館時間など。。。





2018/12/03 22:29

ティエリー(バルセロナ観光)

菊田様、メッセージを書いていただき、どうもありがとうございました。モンジュイックが広い丘で、オリンピック・スタジアム、オリンピック・スポーツ博物館、ドイツ・パビリオン、スペイン村、ミロ美術館、モンジュイック城、ゴンドラ、噴水ショーとカタルーニャ美術館などが楽しめるエリアです。ゆっくりと見て回ったら、1日かかりますね!それでは、また、是非、見どころが多いバルセロナに遊びに来て下さい!


2018/12/02 14:01

菊田修也様

カタルーニャ美術館は自分にとって思い出の場所です。新婚旅行で約10年前にバルセロナへ行った際、この美術館の前のモンジュイックの丘から街を眺めました。実はその数年後にもバルセロナ旅行へ行き、ここを訪れました。実は肝心の美術館内部には入ったことはないのですが、次に行った時には是非中に入って美術品を見てみたいものです。





コメントの投稿




Code
お手数ですが、下のボックスに表示されているコードを入力して下さい。

コード:半角英文字、大文字のみ!

この操作により、自動プログラムではなく、人間がメッセージを書くことを確認することが出来ます。





 記事一覧



ページトップへ