Back to TOP

カタルーニャ地方のパラドールへの送迎サービス

⇒ 全ての送迎コースは、日本語が話せる外国人 付きのコースになります!



カルドナ・パラドールへのプライベート送迎サービス


カルドナ、パラドール

カタルーニャ地方に7軒のパラドール(スペイン政府が経営する高級ホテル)が楽しめます:

 パラドールカルドナ:11世紀建造、小高い丘にある中世の古城、
 パラドール ビエリャ(アラン渓谷):ピエーリャ市の高台にある近代的建物、
 パラドール アルティエス(アラン渓谷): ピレネー山脈の山荘風貴族の館を改装、
 パラドールセオ・デ・ウルヘル:修道院の跡地に建てられたパラドール、
 パラドールビック:カタルーニャの伝統的な大農家邸宅風建物、
 パラドール アイグアブラバ:オーシャン・ビューのリゾート型パラドール、
 パラドール トルトサ(南カタルーニャ地方):アラゴン国王の古城。


  スペイン・パラドール (公式サイト、英語)


スペイン パラドール 地図 バルセロナ
カタルーニャ地方のパラドール(7軒) / 地図


11世紀に建てられたお城、カルドナのパラドール(スペイン国営ホテル) 泊は、おすすめです!

当社を「モンセラット観光とセット」でご利用していただいくと、モンセラット観光の後カルドナ・パラドールへお連れし、チェックインのお手伝いを致します。

午前バルセロナ市内のホテルでお会いし、専用車でノコギリ山モンセラットへ、モンセラットをゆっくりと観光した後カルドナのパラドールへ。専用車利用の8時間コース。

 当社は、パラドールへの送迎のみは致しません。モンセラット観光とセットでお申込みください。




カルドナのパラドール、バルセロナからの送迎サービス
カルドナのパラドール(全景)

曜日(平日または週末)、観光シーズン、スペイン及び日本の休日、参加者の人数、またご利用まじかのご予約かによっても、当社料金は変わります。

ご利用日近くのご予約は平日でも割増の休日料金となります。

スペイン消費税(21%)込み。

1〜3名様で参加していただくと、中型車になり、4名様で参加していただくと、ミニバンになります (※ 大きなお荷物はトランクに入れない可能性がありますので、ご注意下さい)。

カルドナ・パラドールへの送迎サービスをご利用していただいたお客様からのご感想:

兵庫県 S.様のコメント(13番) 
東京都 K.様のコメント ( Tripadvisor

料金、条件などは、当社にお問い合わせ下さい。



    


2017年07月30日改定





カルドナ観光 ( Cardona )


カルドナ市  (人口5800人)は、カタルーニャ州の内陸(バルセロナから100キロ北西)にある小さな町です。

新石器時代にこの地方に住んでいた人は、すでにカルドナの塩を使っていました。古代ローマにもカルドナの塩の山が知られていて、「この山から塩を取れば取るほど、塩の量が増えていく」と言われていました!

西暦8世紀から16世紀まで、カルドナはカタルーニャ地方の重要な町であり、カタルーニャの歴史で大きな役割を果たしました。

8世紀にこの地方の町々がイスラム教徒に破壊され、カルドナはイスラム教徒が侵略した地方との国境になりました。
10世紀にオソナという子爵がここに来て、前に住んでいた地域の畑で働いていた農民も一緒に連れてきて住まわせました。

お城の下に小さな町が作られていきました。

13、14世紀にオソナ子爵の子孫はカルドナという公爵になり(彼のニックネームは「冠なしの王様」)、カタルーニャ・アラゴンの王権所有者になりました。

町はだんだん大きくなり、16世紀は商人、職人や貴族達のお陰でカルドナは栄えました。しかし17、18世紀にカタルーニャ地方は危機におちいり、カルドナも衰退しました。お城は軍隊の兵舎になってしまいました。
スペイン継承戦争の時に、カルドナは長い攻囲を受けて、1714年9月18日に降伏しました。

19世紀と20世紀には、繊維と織物の工場がカルドナにたくさんあり、またカリ岩塩も開発されましたが、1970年代、織物の工場が閉められ、続いて1990年には鉱山も閉山しました。


現在、カルドナは落ち着いた町です。旧市街は、面白いアーケード付きの近道は 2,3 あり、上の展望台( Mirador de les Hortes )に行くと、周りの丘を見下ろせます。

中央広場に彫刻家スビラクス(バルセロナのサグラダ・ファミリアのご受難のファサードの彫刻を作った人)が作った馬に乗っているボッレイ2世公爵の面白い彫刻があります。必見!
カルドナの麓に15世紀の少し珍しい形をしている橋(未成)も面白いです。

1965年にオーソン・ウェルズは「真夜中の鐘」という映画をカルドナで撮影しました。


注意:午後の2時から5時まで全てのお店は、昼休み(シエスタ)で閉まっています。道を歩いている人はあまりいません!その時は、地元の人のように旧市街のレストランで美味しい昼食をゆっくりと味わって下さい!


カルドナの市場は日曜日の朝。
年に何回か開催されるお祭りも面白いです。
9月の第2日曜日には「フェスタ・マジョール」(主な祭り):雄牛を放つ、8人の子供のダンス、巨人のパレードなど...

http://www.cardona.cat/


  +++++++++++++++++


カルドナの塩の鉱山(旧市街から歩いて:15分):

紀元前2500年にも、すでにこの鉱山で塩が取られていました。
はじめは露天鉱でしたが、1900年に最初の立坑が作られました。

カルドナの鉱山の塩は:
・冬に道路にまき散らす塩、
・石鹸や肥料を作るためのナトリウムでした。

そのため残念ながら、いつしか収益性のない鉱山になってしまい、1990年に閉めてしまいました。その時、一番深い立坑は深さ1300メートルもあり、カタルーニャ地方で一番深い鉱山でした。
1990年までに全部で3千万トンの鉱物が切り出されました。

現在、このお塩の高山は、見学できるようになりました。古い建物、古い写真の展示会、昔坑夫が乗っていたエレベーターのエンジン・ルーム、スライド・ショー、塩で作られている置物などが見えます。

そして、ヘルメットを被って、鉱山に入り、500メートルぐらいの坑道の見学も可能です。いい体験だと思いませんか?坑道で素晴らしい鍾乳石と石筍(たけのこ状の突起物)を見ることが出来ます。


注意:町の入り口にあるカルドナ観光局の女性は親切で、鉱山の見学が始まる時間などを教えてくれますが、よく間違います。鉱山のパンフレットをよく読んでください...そちらの方が正しい!です(笑)。

http://www.salcardona.com/


  +++++++++++++++++


カルドナ市の一つの魅力は、スペイン国立ホテル、つまりパラドールがあることです。様々な国から来るお客様はこの高級なホテルに泊まります。11世紀ぐらいにカルドナの丘の頂上にお城が建設されました。すぐ傍にロマネスク様式の教会も作られました。
現在、カルドナ公爵のお城は高級ホテルになっています。城壁、鬼戸、塔と銃眼に囲まれているホテルに泊まってみませんか?900年以上の歴史があり、このお城の古い石はイスラム教徒、カタルーニャの戦争、カルドナが栄えていた時代、衰退した時代、危機などを証言しています。中世の雰囲気に浸りたい方は、カルドナのパラドールは気に入ると思
います。

お部屋代は1泊当たり125ユーロ〜。予約が必要。

パラドールのレストランでこの地方の料理(マッシュルームが名物)も食べることが出来ます。

http://www.parador.es/


  +++++++++++++++++


パラドールの入り口のそばにサン・ビセンス・ダ・カルドナ教会(11世紀、ロマネスク様式)と中庭回廊(14、15世紀、ゴシック様式)が建てられています。
教会(有料)には、15世紀にイタリアのナポリとフランスのマルセイユを征服した Joan Ramon Folc1世(第2カルドナ公爵)のお墓があります。

教会の後ろまで歩いていくと、カルドナの周りの丘をきれいに見ることが出来ます。無料。


 アクセス: バルセロナからカルドナまで:

 バルセロナ北バス・ターミナルから、Solsona 行きのバスに乗る。Cardona バス停で下車。
 1日に4本。所要時間:1時間45分〜2時間15分、Alsa バス会社。
 チケット代(長距離バス)

 もしくは、Manresa まで電車、その後タクシー(タクシー代、片道:40ユーロ位)






すぐ分かるガイド料!自動お見積もりセンターへ
オンライン予約センター:すぐ確認される観光コース!
ご不明なところがありましたら、ご遠慮なくお問い合わせ下さい。





CATALUNYA KANKOU - Japanese official guide in Barcelona

Catalunya Kankou - QR code

http://www.catalunya-kankou.com/
24 hour online reservation !

Phone: (+34) 645 06 42 08

Copyright 2017 (C) - Catalunya Kankou - All rights reserved