Back to TOP

カタルーニャ世界遺産

カタルーニャは、歴史が本当に長いです。その為、カタルーニャ地方には、素晴らしい建物(修道院、教会、お城など)がたくさんあって、ある建物が世界遺産に登録されています。



南カタルーニャには、ポブレット修道院タラゴナの遺跡があり、ピレネー山脈には、ロマネスク様式の教会は、世界遺産に登録されています。


カタルーニャでは、ユネスコの世界無形文化遺産もたくさん楽しむことが出来ます。

リポユ市は、ピレネー山脈の麓にある町です。1000年前にリポユ修道院が造られましたが、12世紀のロマネスク様式の門が、これから世界遺産に登録される可能性があります。




世界遺産


ポブレット修道院

建設:12世紀
建築家:アルナウ・バルゲス等
登録年:1991年から世界遺産

タラゴナ遺跡

建設:西暦1世紀
登録年:2000年から世界遺産

ロマネスク様式の教会

建設:11〜12世紀
登録年:2000年から世界遺産


界無形文化遺産


人間の塔

登録年:2010年から世界無形文化遺産

ラ・パツム

登録年:2005年から世界無形文化遺産

ピレネー山脈の火祭り

登録年:2010年から世界無形文化遺産

地中海食

登録年:2010年から世界無形文化遺産






 関連ページ: バルセロナ世界遺産







Back to top