Back to TOP

スペイン国有鉄道、レンフェ

2013/01/16 21:07 ニュース:

スペインの主な都市を人口でみると、マドリッド(325万人)、バルセロナ(190万人)、バレンシア(80万人)とセビリア(70万人)の順です。

通常、その国でつくられる最初の高速列車路線は、国の主要第1と第2都市間でつくられます。例をあげれば、日本は<東京⇔大阪>、フランスは<パリ⇔リョン>と言ったようにです。残念ながらスペインは違います(苦笑)。

1992年にマドリッドからセビリア間を AVE (スペインの高速列車)が開通しました。16年後(2008年)にやっとマドリッド⇔バルセロナ間をAVE が開通しました!(マドリッドはバルセロナにたいしてライバル意識が強く、バルセロナにとってメリットとなるインフラをマドリッド中央政府がなかなか許可しません…)

スペイン全土で2600キロの高速鉄道路線がつくられていたのに、カタルーニャ州内の高速列車が開通したのは、2013年!やっと今月です。どうして中央政府は乗客が少ない AVE を先につくったか? もうおわかりでしょう。

現在、レイダ市、タラゴナ市、バルセロナ市、ジローナ市フィゲラス市が1本の高速列車で繋がり、ビジネスや観光にとても便利になりました。

バルセロナ ⇔ ジローナ: 100キロ、37分。
バルセロナ ⇔ フィゲラス: 140キロ、55分、
バルセロナ ⇔ タラゴナ(カンプ・ダ・タラゴナ駅): 100キロ、33分、
バルセロナ ⇔ レイダ: 180キロ、57分で移動できます。

チケット代(スペイン国有鉄道)


マドリッド⇔バルセロナ(高速列車のビデオ)



2011/01/21 18:51 ニュース:

先月バルセロナへのアクセス手段が一つ増えました。

フランスの TGV がパリからフィゲラス(バルセロナの120キロ北の町)まで開通したからです。

数年前からピレネー山脈にトンネルを掘りはじめ、やっと超高速列車の新しい路線が出来ました。

これからパリ、フィゲラス間を TGV は、毎日2往復します。
パリからフィゲラスまで所要時間は5時間30分。バルセロナへはその後フィゲラスから特急に乗り換えます。

2013年には、フィゲラスからバルセロナのサンツ駅までの路線も完成するため、もっと便利になります。
パリ(光の街)とバルセロナ(ガウディの世界)を直通で結ぶ超高速列車は、旅を快適にしてくれると思います。





スペイン列車、電車、旅行体験記:


日本では、窓口で、丁寧なスタッフはさっさとチケットを売ります。そして、電車が時間通りに出発し、時間通りに目的地に到着します。駅には、アナウンスが多いし、列車は間違いなくホームの決まった場所に止まります。

スペインは...

1/ 突然、ホームが変わる
2/ サマー・タイム。。。
3/ 2号車は、どこ?
4/ エアコンが。。。
5/ アナウンス。。。
6/ 販売機。。。



1/ ある日、タラゴナに行くのに家の近くの国有鉄道の駅のホームで電車を待っていました。南に行く人は皆、私のように駅内のテレビ・スクリーンで確認して、6番ホームで10時32分発の電車を待っていました。

10時31分にカタラン語のアナウンスが流れ、「申し訳ありませんが、電車は6番ホームではなく、2番ホームに到着します」と言いました。スペイン語、英語はなしでした。

ホームで待っていた人達は、皆、いきなり走って、階段をかけあがり、2階の通路を渡って、再び階段をかけおりて、もう到着していた電車に飛び乗りました。電車はすぐ出発しました...

カタラン語が話せない人、足の不自由なお年寄りなどは困りますね!




スペイン国有鉄道 バルセロナ駅 スペイン マドリード バルセロナ 行き方 チケット予約
左側:サンツ駅(地下1階のホーム)、右側:スペイン高速列車:AVE



2/ ヨーロッパでは年に2回時間が変わります。10月下旬に冬時間に戻ります。私は11月中旬にバルセロナの中心地にあるグラシア通り駅で電車に乗りました。

冬時間に変わってから、2週間が経ったのに、ホームの真中にある大きな時計には白い紙が張ってありました。まだ時間は夏時間のままでした!




3/ 数ヶ月前にお客様からの質問が届きました。そのお客様は日本でバルセロナから南スペインのアリカンテまでのユーロメッドを予約しました。予約された座席は2号車にありました。

お客様は「2号車は列車の進行方向前ですか?後ろですか?」と私に聞きました。
私はバルセロナの一番大きな駅、サンツ駅の窓口まで聞きに行き、スタッフは驚いて「へえ?その列車が到着するまで、誰も分かりません!...」と答えました。
念のため、私は別の予約窓口に行って、同じ質問をしましたが、答えは同じでした。

私はお客様にメールをして、この話を伝えました。お客様はメールを読んだ時に、びっくりしたでしょうね!

スペイン人は、ホームで列車を待って、列車が到着した時に、荷物を運んで、予約した車両まで走ります。ヨーロッパ人は車両がどこに止まるか、重要とは考えません!だから、ホームにマークが全然ないです!




4/ 夏のある日にピレネー山脈に行く急行に乗りました。車両のエアコンが強くて、エアコンの下にある座席一列は全〜部びしょ濡れ、その車両の座席の半分は誰も座ることが出来ませんでした!



スペイン国有鉄道 バルセロナ駅 スペイン電車
左側:フランサ駅、右側:スペイン国有鉄道




グラシア大通りの駅 モンセラット アクセス カタルーニャ電鉄
左側:グラシア大通りの駅、右側:モンセラットに行く電車(タルーニャ電鉄)



5/ ある日、私は一人でグラシア通り駅で電車を待っていました。別の目的地に行く電車が来て、2番ホームに止まりました。乗客を乗せて、再び出発しました。その後、1分後に「2番ホームの電車がまもなく出発します」とアナウンスが流れました。電車は1分前から、もうなかったです!




6/ カタルーニャ鉄道、田舎の無人駅。

3人分のチケットを買おうとした時、「あれ?」・・・チケット販売機の画面3分の1が暗い。画面が全〜部、右側にずれていて、3/1 が切れて見えない・・・ タッチ・スクリーンだから、画面がすべてないと、チケットが買えない!

スクリーンを触りながら、「どうしよう?」

時間があまりなかったので、適当にスクリーンのあちこちをタッチ。いつもなら3人分一度に買えるのに、人数を入れる箇所が切れてる・・・ しかたないので、3人分を1枚1枚・・・なんとか買った。

その上、電車は時刻表より1分早く発車! 走って走って私達はギリギリ乗れました。

チケット販売機の画面が完全でなくても切符は買えるし、誰も文句は言わない。面白い国!(笑)




スペイン列車、所要時間


☆ スペイン国有鉄道 Renfe :
   (スペイン語、カタラン語、バスク語、ガリシア語、英語)
   http://www.renfe.com/


☆ バルセロナ発の列車(主な目的地、列車のタイプ、所要時間):


バルセロナ マドリッド AVE 2時間30分
バルセロナ サラゴザ AVE 1時間30分
バルセロナ バレンシア ユーロメッド 3時間00分
バルセロナ マラガ AVE 5時間45分
バルセロナ コルドバ AVE 4時間45分
バルセロナ ビルバオ アルビア 6時間15分
バルセロナ パンプローナ アルビア 3時間45分
バルセロナ パリ TGV 6時間20分
バルセロナ モンペリエ TGV 4時間30分


☆ ビラノバ鉄道博物館:
   (カタラン語、スペイン語、英語)
   http://www.museudelferrocarril.org/

☆ バルセロナ郊外電車マップ

☆ チケット代(スペイン国有鉄道)











CATALUNYA KANKOU - Japanese official guide in Barcelona

Catalunya Kankou - QR code

http://www.catalunya-kankou.com/
24 hour online reservation !

Phone: (+34) 645 06 42 08

Copyright 2017 (C) - Catalunya Kankou - All rights reserved