記事一覧


バルセロナ サン・ジョアン祭り

 2017/06/25 13:03
 2018/06/24 19:43

カタルーニャ、バレンシア地方、イタリア、南フランス等では、6月24日が、サン・ジョアン祭りです。カタルーニャでは、1年でクリスマスの次に重要なお祭りです!


サン・ジョアン祭りは、火祭りです。。。

日本人は、富士山が好きです。カタルーニャ人は、カニゴ山が好き。
カニゴ山(標高2784メートル)は、フランスとカタルーニャの間の国境です。 カタルーニャの一つのシンボルで、詩、歌、映画などに出てくる地名です。

毎年6月23日に、カニゴ山の頂上で、太陽を利用して、聖火が採火されます。
その後、あるカタルーニャ人がカタルーニャ議会(バルセロナ、シウタデヤ公園内)まで聖火を運びます。多くの市長さんが議会に集まって、村や町に戻ってから、貰った聖火で焚き火に火を付けます!


市民は「聖ヨハネの前夜祭」に、焚き火の周りで飲んだり、踊ったり、喋ったりします!

一年の間で夜が最も短く、昼が最も長くなる日(夏至)を楽しみます。カタルーニャでは、24日は、祝日になっているので、朝まで遊べます!


バルセロナ サン・ジョン祭り
爆竹の売店

カタルーニャでは、サン・ジョアン祭りは、焚き火、爆竹と花火の夜です。

今週、バルセロナの至どころで、爆竹を売るバンガローが見えました。

地元の人(子供と大人)が並んで爆竹をたくさん買って、夜、遅い時間まで、公園やバルコニーで遊びます。

僕が住んでいる地区では、朝4時まで、ずっと爆竹が聞こえました。。。(日本の爆竹より、ずっと大きな音がします)

サン・ジョアン祭りのことを知らない観光客が驚くでしょう!


コカ 薄いパン
コカ・ダ・サン・ジョアン

毎年、サン・ジョアン祭りの時、「コカ・ダ・サン・ジョアン」というケーキを食べて、カヴァ(カタルーニャのスパークリングワイン)を飲んで、朝まで楽しい夜を過ごします。

コカは、ケーキより甘いパンと言った方が良い。長いパンですが、薄いです。上は、砂糖漬けのフルーツ、松の実とお砂糖。美味しい!今年は、カタルーニャのパン屋さんが、170万のコカ(!)を作ったらしいです!(値段は、大きさによって:15~35ユーロ)。


バルセロナの家族は、どこで「サン・ジョアン祭り」を過ごしますか?多くの家族は、ビーチ・リゾート地や田舎の別荘に行きます。金曜日の午後、バルセロナからの国道と高速道路が(全部で70キロ以上)渋滞していましたよ。
多くの若者は、バルセロナ市内ビーチに行き、友達と一緒に楽しい時間を過ごします。ビーチが、本当に込んでいます!!24日の朝、太陽が現れたら(朝6時20分頃)、お巡りさんと清掃員が来て、ビーチがクローズドゥになります。9時00分から早起きの入浴者が現れます。夏が始まりました!


ちなみに、バルセロナ地下鉄は、23日(土)の朝5時00分から、24日(日)の夜24時00分まで、ずっと動きました。43時間、業務を中断せずに利用できました!便利ですね!朝まで遊べます!(笑)


ピレネー山脈(ボイ渓谷など)では、「ファイアス祭り」が開催されます。多くの村民が、数ヵ月前に切った松の木で松明を作ります。23日の夕方に山に登り、夜までピクニックします。21時30分位まで明るいので、22時頃まで話したり、笑ったり、飲んだりします。
暗くなってから、重い松明(15~30キロ)に火を付けて、一緒にジグザグの山道を走って村まで下ります!村の中央広場に着いたら、広場の真ん中で松明を投げて、大きな焚き火を作ります。山に登らなかった村民が拍手喝采します。朝まで、踊ったり、飲んだり、お喋りしたりします。

ファイアス祭りは、2010年にユネスコの世界無形文化遺産に登録されました。




やっぱり、カタルーニャでは、1年でクリスマスの次に重要なお祭りです!



 


コメントの投稿




Code
お手数ですが、下のボックスに表示されているコードを入力して下さい。

コード:半角英文字、大文字のみ!

この操作により、自動プログラムではなく、人間がメッセージを書くことを確認することが出来ます。





 記事一覧



ページトップへ