バルセロナ発 個人ツアー
ホーム
ページトップへ

サンパウ病院

HOME > サイトマップ > バルセロナ観光 > サンパウ病院

サイトマップ > バルセロナ観光 > サンパウ病院


サンパウ病院:


20世紀初頭まで、バルセロナの最も広い病院は、サンタ・クレウ病院で、旧市街にありました。
しかし、19世紀中ごろから、バルセロナの人口がどんどん増えてきて、この古い病院では、対応できなくなりました。

パウ・ジル ( Pau Gil / 1816-1896) という銀行家は、亡くなる前に当時の郊外に新しい病院を建てるようにと、バルセロナ市に対し高額の寄付をしました。条件が一つあって、それは、彼の名前(パウ)を新しい病院につけることでした。

ルイス・ドメネク・イ・ムンタネー建築家によって、1902年に新しい病院の建設工事が始まりました。ドメネク・イ・ムンタネーは、ヨーロッパの有名な病院を訪れ、見学し、使いやすい病院を建設しようとしました。

サン・パウ病院  の正門前に着くと、教会みたいな建物が見えます。この建物は、1905年から1910年までに建てられた病院の事務所です。石の彫刻、鉄の飾り(街灯など)、タイルなどで造られており、ムデルニズマ建築(アール・ヌーヴォー)です。外の壁にある大きなモザイクは、旧病院の物語を描いたものです。

正門をくぐると、左奥のドアの周りには、修道女と神父さんの像が置いてあります。20世紀まで、プロの看護婦さんはいなくて、患者さんの面倒をみていたのは皆、修道女でした。

中庭に入ると、右は男性の病室、左は女性の病室、真中にある建物は、2009年まで手術が行なわれる建物でした。この真中の建物の上は、タイル(デザインは、旧病院のお医者さんの名前)で飾られています。

48棟の病棟を建てるはずでしたが、資金が足らなくなり、結局18棟しか建てられませんでした。

各棟は、3つの部分に分かれています:



サンパウ 病院 観光
サンパウ病院(正面)


全てのパビリョン(棟)は、地下の通路で繋がっています。寒くなっても、患者さんがパビリョンから手術室などへ簡単に行けるようになっていました。

19世紀、20世紀初頭の問題は「衛生と伝染病」でした。バルセロナでは、風がいつも海から吹いてきますので、海の方のベッドの患者さんは伝染性の低い人、丘の方に入院している患者さんは、伝染性の高い人でした(伝染病が風で広がらないように)。

また、サン・パウ病院の全ての建物は一日中、太陽が当たるように考えて造られてあり、回りのバルセロナ新市街の建物とは、平行でなく、45度の角度に建っています。

各部屋に新鮮な空気が簡単に入るように、建物の屋根で、換気口がたくさん作られました。

一番奥の建物は、以前、修道女の宿舎、薬局、調理場用の建物でした。


もう一つ注目して欲しい箇所があります。この病院の建物の壁には P と G(これはもちろん Pau Gil の意味)の文字がたくさん彫刻されています。

しかし、正門からみて、一番奥の右にある建物には P と G の文字がまったく見当たりません。この建物は、Pau Gil の寄付金で建ったものでないからです。。。

1997年にサン・パウ病院は、世界遺産に認定されました。

サンパウ病院は、2009年9月まで病院として使われていました。2014年3月中旬まで長く修復され、現在、見学出来るようになっています。




  アクセス 

Sant Pau Recinte Modernista
C. Sant Antoni Maria Claret, 167
08025 Barcelona

地下鉄、5号線 Sant Pau / Dos de Maig 駅で下車、歩いて2分。



  開館時間 
4月1日~10月31日:
月~土:09時30分~18時30分
日+祝:09時30分~14時30分
11月1日~3月31日:
月~土:09時30分~16時30分
日+祝:09時30分~14時30分



  入場料 

バルセロナ観光地の入場料リスト



  WEB 

www.santpaubarcelona.org/




   





ご利用は、読者御自身の判断でお願いいたします。
「カタルーニャ観光」は、一切の責任を負いません。



HOME > サイトマップ > バルセロナ観光 > サンパウ病院

サイトマップ > バルセロナ観光 > サンパウ病院