バルセロナ発 個人ツアー
ホーム
ページトップへ

カサ・ミバトリョ
バルセロナ ピカソ美術館

HOME > サイトマップ > バルセロナ観光 > バルセロナ美術館

サイトマップ > バルセロナ観光 > バルセロナ美術館



バルセロナの面白い美術館や博物館

バルセロナは、サグラダファミリアで有名な観光都市になりましたが、芸術の街としても知られています。

バルセロナで必ず行ってほしい美術館・博物館は、ピカソ美術館(バルセロナ旧市街、ボルン地区)、ジョアン・ミロ財団(モンジュイックの丘)、カタルーニャ美術館(モンジュイックの丘)と現代美術館 Macba(バルセロナ旧市街、ラバル地区)です。

バルセロナ美術館と博物館のベスト19リストは、次のようです:



多くのバルセロナ美術館は、月曜日が定休日になります。

月に1回、無料になる美術館もあります!






バルセロナ海洋博物館


バルセロナは、大昔から地中海のおかげで栄えています。海なしでバルセロナのことは考えられません。1992年まで古い倉庫のせいでバルセロナの海岸は、ほとんど全部市民と観光客に立入禁止になっていました。

オリンピックのお陰で海岸が改装されて、今はビーチ、ショッピング・センター、プロムナードなどで、快適なところになりました。

海がある街には、大きな海洋博物館があることは、不思議ではないでしょう。

ランブラス通りのつきあたりにある海洋博物館は、ドラサネス( Drassanes )とも言います。

王立造船場は、1378年に建設されました。何度も改装がありましたが、ヨーロッパで数少ない残っている中世の工業の建造物です。1941年に博物館としてオープンしました。

因みに中世には、海は王立造船場の外壁まで来ていましたけれども、現在、100メートルぐらい離れています。

地中海で使われていた小船、大航海時代の世界地図、航海の器具、船首像のコレクションなど展示されています。そして、一番感動させる船はレパントの海戦 * で使われたガレー船です。複製品ですが、高くて、長くて、船尾の目立つ飾りは素晴らしいと思います。船体を一周出来ますし、歩道橋に乗ったら、船橋まで見えます。

博物館の入り口で日本語のオーディオガイドも準備されていますので、博物館の重要なところで日本語の説明が聞けます。


 +++++++++++++


* レパントの海戦:1571年10月7日にギリシャの海岸で行った戦い。

ドン・フアン・デ・アウストリア(Don Juan de Austria)に指揮していたカタルーニャ、ベネチア、マルタ島、ナポリ、シシリア島の海軍はオスマン-トルコ帝国と立ち向かいました。ヨーロッパのカトリック同盟が勝利しましたので、地中海でのオスマン-トルコ帝国の征服が終わりました。


  アクセス 

Museu Marítim de Barcelona
Av. de les Drassanes, s/n
08001 Barcelona

地下鉄 3号線、Drassanes 駅で下車。


  入場料 

バルセロナ観光地の入場料リスト。


  WEB 

www.mmb.cat/





バルセロナ港:カタルーニャ歴史博物館


バルセロナ 博物館
ポートベイ港に面しているミュージアム


1996年にオープンしたカタルーニャ歴史博物館( Museu d'Historia de Catalunya )は、バルセロナ港に面しています。

Elies Rogent 建築家によって1901年に完成したバルセロナ港の倉庫は、現在、全面1万3千平方メートルの内、4千5百平方メートルは博物館として使われています。海岸の方にレストランがあって、博物館の入り口は、2つのレンガで造られている建物の間にあります。4階には、港を一望しているカフェ・テラスもあります。

バルセロナを含めて、この地方に住んでいる人にとっては「カタルーニャ」というのは「国」です。「一つの国、一つの国家」ですので、政治家も市民も自分の国の歴史、文化などをカタルーニャ人だけではなく、観光客にも広く知って欲しいです。カタルーニャに来る時、「スペイン人である前にカタルーニャ人だ」という言葉を忘れない方がいいでしょう!

博物館の1階は特別展示で、常設展示は2階と3階にあります。

様々な異なる見地からカタルーニャの伝統的な文化、日常生活、政治、経済、技術、そして、カタルーニャの社会と人間的な複雑さ、民族意識と独立心を提供しています。

先史時代から、紀元前のギリシャ、ローマ文明、ジャウマ1世、中世時代、蒸気機関や電気の登場、(スペインの最初の鉄道線路はバルセロナ-マタロでした。またスペインの最初の発電所もバルセロナにありました)、スペイン内戦、自治政府の誕生などにかけて、色んな地図、ひな型、オブジェ、再構成などで、とにかく分かりやすく提示されています。

古代ギリシャの両取っ手付きの壷を運んでいた船、ローマ時代の家、中世のロマネスク様式の教会、国歌「Els Segadors」(刈り入れ人々)を歌っている国民、バルセロナ市を攻撃しているフェリーペ5世の軍隊、内戦で使われていた避難所、1960年代の台所などなど、たくさんの舞台を楽しむことも出来ます。

カタルーニャ歴史博物館を出たら、カタルーニャがスペインと関係ないネイションとよく理解することが出来ます。

デメリット:英語の説明も少しありますが、説明、看板などの大半はカタロニア語で書いてありますので、カタルーニャの言葉を理解出来ないと、説明は少し足りないかもしれません。


  アクセス 

Museu d'Història de Catalunya
Palau de Mar
Plaça de Pau Vila, 3
08003 Barcelona

地下鉄 4号線、 Barceloneta 駅で下車。徒歩2分。



曜日: 営業時間:
月曜日: 定休日
火曜日: 10時から19時まで
水曜日: 10時から20時まで
木曜日、金曜日、土曜日: 10時から19時まで
日曜日、祭日: 10時から14時30分まで


  入場料 

バルセロナ観光地の入場料リスト。


  WEB 

www.mhcat.cat/




バルセロナチョコレート博物館


バルセロナ旧市街に面白い博物館があります:チョコレート博物館!

紀元前17世紀に中米のマヤ文明は、南米から現在のメキシコまで、カカオの木を持って行きました。カカオ豆をお金として使い始めました。そして、アステカ文明の時にカカオは、神様の飲み物になり、お金と聖なる飲み物として使われました。その時、とても苦くて、辛い飲み物でした。

1519年にスペイン人のエルナン・コルテスというコンキスタドールはメキシコを占領して、1528年にヨーロッパに戻ってきた時は、カカオ豆も持って帰りました。バルセロナの港に歴史上、始めてこの珍しい豆が上陸し、ヨーロッパ大陸に始めてカカオ豆が現れました。カカオにコショウ、クローブやスパイスではなく、お砂糖とバニラを加えてみて、甘い飲み物になりました。最初に、高級な飲み物で、宮廷のみで出していました。

カタルーニャ地方で、お肉と魚の料理のソースによく少量のチョコレートも入っています。カタルーニャは、ヨーロッパ大陸で始めてカカオ豆を見た都会ですから!

チョコレート博物館は、そんなに広くはありませんが、カカオ豆からチョコレートまでの作り方を説明しています。パネルは、カタロニア語、スペイン語、英語とフランス語で書いてあります。三つの短いスライド・ショーも定期的に上映します。チョコレートで作られているサグラダ・ファミリア、カサ・ミラ、ダリの作品、水族館などがたくさん展示されています。

この博物館の欠点:この博物館中どこでもチョコレートの匂いがしますので、全部食べたくなってしまいます!(笑)

幸運にも出口にある喫茶室で、チョコレート・ドリンクなどを味わうことが出来ます!

少し高いですが、お店で様々なチョコレートも買えます。


定休日:火曜日


  アクセス 

Museu de la Xocolata
Carrer Comerç, 36
08003 Barcelona

地下鉄 4号線、Jaume I 駅で下車。徒歩5分。


  入場料 

バルセロナ観光地の入場料リスト。


  WEB 

www.museuxocolata.cat/







#美術館
 
#歴史



ご利用は、読者御自身の判断でお願いいたします。
「カタルーニャ観光」は、一切の責任を負いません。





HOME > サイトマップ > バルセロナ観光 > バルセロナ美術館

サイトマップ > バルセロナ観光 > バルセロナ美術館